秀龍 SNS

アイコン(画像)をクリックするとfacebookページが表示されます。

2 days ago

秀龍

先日、初稽古に師匠のところへ……

毎年恒例、新しい爪入れをいただく。藍色に金、引き締まった空気感へと転換。

ところで、昨年末に先生の出演したNHK-FM放送「邦楽百番」の録音を、先日、先生に手渡してあった。

当番組の録音を先生より依頼されていたのに、失敗した旨を電話で伝えたところ大変ガッカリなさっていた……ところ、最終的には見ず知らずの方が、ネットを介して録音した音源を提供してくださることになり、聴きやすいように編集してCDに焼いて用意することができた。

「よくあの録音があったな!」と先生。

三十絃独奏曲や、合奏曲も非常に貴重な演奏で、思い出す度冷や汗が流れつつの年越し、まさに雲を掴むような緊急課題に、文字通り辛うじて応え、この初稽古を迎えられた。

(NHKアーカイブスには収蔵されているけれど、著作権の関係で出演者含めて一般利用が出来ない)

本当に良かった〜

邦楽を支えて下さっている人が確かにいる、それを実感した平成最後の年明けとなった。

(尚、ご提供者からの情報で、7月13日(土)に当該番組が再々放送される予定)
...

View on Facebook

6 days ago

秀龍

「阿修羅」を主題とした箏独奏即興。

悪神や鬼神と称されることもあるけれど、仏法の守護神でもある、闘う神。

無調音(音階のとれていない絃)をかき鳴らし、阿修羅のその破壊的な性質の表現から始まり、そして破壊と創造との間のギャップ(無音)を超えて、躍動性へと進んでいく、二分弱の短い演奏です。

youtu.be/onKaQaKE4oAKoto solo Improvisational performance "ASYURA" 「阿修羅」を主題とした箏独奏即興。 悪神や鬼神と称されることもあるけれど、仏法の守護神でもある、闘う神。 無調音(音階のとれていない絃)をかき鳴らし、阿修羅のその破壊的な.....
...

View on Facebook

2 weeks ago

秀龍

子どもたちの通う小学校へ散歩がてら登校。

ここいらの学校は明日から新学期なのでひっそりしている中、音楽担当の先生と、今月下旬に実施する、4年生と5年生の箏授業のための下準備。

学校に二面ある箏を調弦して児童が練習できるように。当日は僅かな時間ではあるけれど、一緒に合奏する体験型の授業にしたいと思う。
...

View on Facebook

2 weeks ago

秀龍

子どもたちの通う小学校へ散歩がてら登校。

ここいらの学校は明日から新学期なのでひっそりしている中、音楽担当の先生と、今月下旬に実施する、4年生と5年生の箏授業のための下準備。

学校に二面ある箏を調弦して児童が練習できるように。当日は僅かな時間ではあるけれど、一緒に合奏する体験型の授業にしたいと思う。
...

View on Facebook

2 weeks ago

秀龍

続々々々々、日常的食としての雑煮の考察。

正月が終了、ハレからケへと生活が移行して、雑煮も正月の風物から日常食へと戻る。食材としての餅も手元に豊富に残っていることと思うので、今こそ、雑煮を食したい。

オニオン・コンソメ雑煮は、正月料理に食傷気味の胃袋にぴったり。

ようするにスープを作ってかければいいだけのことなんだけど、自己流の作り方は下記……

①少量のオリーブオイルをフライパンにとり、ニンニク片(チューブで可)を低温から熱し、香りが出たらベーコンなどを入れて軽く炒める。②食べやすい大きさに切ったタマネギをタップリ入れてて全体を馴染ませたらバターを落とし、フタをして弱火、5分くらい蒸してタマネギに火を通す。③食感がしっかり残る程度に火が通ったら、お湯とコンソメを適量入れて少し煮込みアクを取る。④醤油で味を整えて、餅を入れた椀に注ぎ、パセリなどを散らす。

ポイントは、バターと醤油。米穀はアミノ酸系のうま味と相性が良いので(バターは風味を感じる程度が良い)、ここを押さえておくとタマネギの濃い甘味との重層的なうま味が、餅を2倍にも3倍にも出世させる。

スープの上に薄切りの餅とチーズをのせてオーブンなどで焼く、というようなバリエーションも容易に思い付くだろうけれども、雑煮としてはいささか邪道と言えるだろう。
...

View on Facebook